ワイキキトロリー>旅行会社関係なく

ワイキキでは1番の高級

アメリカの大きな問題なのです
ワイキキ周辺のショッピングセンター

BOCAHawaii自転車を買う際には丈夫なロックも一緒に購入してください。
ハワイは凶悪犯罪は少ないですが、泥棒などの軽犯罪が全米でも多い地域です。
私は前述した300ドルの自転車をアラモアナで盗まれました。盗難届を出しましたが、いまだに帰ってきません。ワイヤーロックはワイヤーごと切られてしまうので意味がありませんでした。
鉄パイプ状の強固なロックをお薦めします。”Someonestolemybike”最寄りの警察署が分からなかったので私はワイキキビーチ横にあるWaikikiCityPoliceStationに駆け込みました。
と告げると盗難届の書き方を教えてくれます。前述のように自転車はバスの前側にあるラックに乗せる事ができます。
バイクラックの溝に自転車の前輪と後輪を合わせ、片方のタイヤをバネ式のストッパーで固定します。
ドライバーが乱暴な運転をしてもバイクが外れたのを見たことがありませんから安心してください。
最初は載せ方が分からないと思いますので、ドライバーに尋ねてみて下さい。
親切に教えてくれます。·モペッドバス時間に左右されずに長距離を移動したい時はモペッドも便利な選択肢です。

ハワイのコンドミニアムの予約をする事

ホノルル·マラソンの日だ

日本で言う原付自転車原チャリでMotorとPedalを合わせた造語らしいです。
レンタルは1日30ドルぐらい。Mopedワイキキやダウンタウンでは一方通行が多いので、レンタカーでは目的の場所へ曲がれずに道に迷ってしまうことがよくあります。
モペッドはエンジンを切れば自転車扱いですから、道に迷いそうになったらエンジンを切って押しながら歩道を歩くこともできます歩行者の迷惑にならない範囲で,一方通行を歩いて逆走もできるので、道を憶えるまではとても便利に使えます。
モペッドでのお薦めコースはセントルイス·ドライブ。ワイキキ側からカパフル通りの終点まで行き、ワイアラエ通りからドール通りへ向かって登っていったところです。
セントルイス·ドライブを登るにつれてホノルル全体の景色が眺望でき、ダイヤモンドヘッドを上から見下ろせたり、ホノルル国際空港を上から見渡すこともできます。
ダイヤモンドヘッドの頂上から見ていた景色を、さらに高い位置から見下ろした感じでしょうか。
カイムキとは少し違った高台のロコ生活を垣間見ることができるのもお薦めの理由です。
ところでモペッドは駐車に関しては自動車に近い扱いを受けるので注意が必要です。
歩道に自転車を駐輪しても違反ではありませんが、モペッドはチケットを切られます。
私も一度、駐車禁止違反をとられました。違反金はウェブサイトでも支払いできますので、チケットを切られたら早めに支払っておきましょう。

ハワイ行きの出発が17時であるとしたら

「違反なんか無視してもいい」という情報もあるようですが、警察からレンタルショップに調査が入れば、借り主の身元は分かります。
次回のアメリカ入国で支障が出る可能性も否定できませんので要注意です。
レンタカーレンタカーは1日40ドル程度から。この金額で自損事故の保険も付いています。自転車レンタルの2倍の金額で自動車が借りられるのですから意外と安いものです。
しかし対人·対物の補償は別料金になっており、その都度考えて加入することになるので注意してください。
レンタカー運転中に事故を起こした際、海外旅行傷害保険では自分のケガなどの補償しかされません。
相手のある事故の場合、相手のケガやクルマの修理には適用されないと思ったほうが良いでしょうご自分の旅行保険の詳細を確認してみてください,長期生活者にとってレンタカーは毎日必要なわけではありません。

ハワイに人種差別は少ないですが

アメリカではチップが必須ですが

ワイキキにはパーキングが少ないので取り合いになりますし、駐車料金も24時間で20~30ドルと決して安くありません。
借り私はほとんどの移動をバスと自転車でまかなっていますが、大きな買い物や夜遅くのイベント、島の反対側まで行くような時にはレンタカーを利用するようにしています。
その場合にも、なるべく夜間に駐車場を利用しなくて良いように予定を立てます。
朝7時にて夜8時に返すといった感じです。ハワイは観光地なので朝早くから借りられるという特徴を有効利用しましょう。
慣れないうちはワイキキ内の日本語の通じるレンタカーショップがお薦めです。
料金体系や保険の注意点などを把握できますし、困った時のフォローも日本語なので助かります。
しかし日本語ショップは日本人料金ですので金額は高めの設定。
慣れてきたら安価な英語のショップにも挑戦してみましょう。店頭で聞かれる質問はほとんど同じです。会話が多少不安でもワイキキには日本人観光客の経験のないショップはありませんので、日本語説明書などを提示しながら親切に教えてくれます。
ワイキキで借りてワイキキに返すのであれば、お薦めはキングスビレッジ近くのAlamoレンタカー追加オプションをしつこくセールすることもなく、フレンドリーに手続きしてくれます。
アラモレンタカー·ハワイこの店は旅行上手な欧米からの観光客の比率が多く、つまりリーズナブルな料金だということが分かります。
またAlamoには日本語ウェブサイトがありますので、事前に日本語で内容を確認しながら予約することができます。
日本語だからといって料金が高いことはありません。あとは当日の受付カウンターで予約番号を見せ、追加オプションのお誘いを全てNoと返事すれば良いわけです。
自転車にしてもモペッドにしてもそうですが、毎回同じところで借りるのがスタッフと親密になるコツ。
いろいろな気配りをしてくれるので結局トータルでお得になります。
私は長期生活の際に毎週1回Alamoでレンタルしていましたが、顔を憶えてくれるようになると無料で車種をアップグレードをしてくれるようになりました。

ワイキキ>カラカウア通りからすぐなのでロケーションは良いです” /><br />
<i>ワイキキは夜9時を過ぎると一気に治安が悪くなるといいますが</i></p>
<h2 style=アメリカ人女性が席を譲ってくれた

現地のカードで支払いするというのは安全策になるのですクルマのカスリ傷についても、他のショップよりも大目に見てくれるような気がします。
自動車を運転する際には道路標識、特にパーキングスペースのサインに気をつけましょう。
たとえばカビオラニ公園近くのストリートパーキングには「2HRPARKING7AMto6PMExceptsundaysandstateholidays」と書かれています。
「2時間パーキング午前7時から午後6時まで。日曜祝日を除く」という意味ですので、「日曜祝日は駐車できない」というふうに読み取れますが、正しくは「日曜祝日以外は午前7時から午後6時までの間に2時間まで駐車可能。
日曜祝日はそのような制限は無く1日中駐車可能」という意味です。
Except”という単語がどの言葉に掛かっているのかが分かりにくいのがハワイの標識なのです注意する点として、友人にピックアップお迎えしてもらう時、その友人が日本人なら良いのですが、ロコは時間感覚がユルいので待ち合わせ時刻をあまり厳密に考えない方が良いと言うことです。
いわゆるハワイアン·タイム。夜7時にピックアップを約束しても、7時30分を過ぎてから少し遅れるという連絡が入ることは普通です。
ですから街角で待つのではなく、宿泊先まで来てもらうか、時間つぶしのできる場所で待ち合わせするようにしたほうが良いでしょう。

ハワイのホテルのスタッフもとても親切ですので

ワイキキで平凡に

また、我々がハワイに滞在すると、どうしてもバカンス気分になり、ともすると相手も時間に余裕があるように勘違いしてしまいますが、友人達は平日は仕事をしているわけです。
その点を配慮して、時間的な事情を考慮してあげなければなりません。
電話短期滞在ならば日本国内で使っている携帯電話をハワイに持ち込んで海外パケットし放題アメリカ放題などのサービスプランを利用することができます。
しかし、これはデータ通信に限った話。通常、通話料金は別計算になっており通話時間を気にしながら使わなくてはいけません。
アメリカでは着信でも料金が掛かるので、日本から掛かってきた電話に出て長話するのは要注意です。
現地での通信は現地のサービスで、というのが安くあげるコツです。
現地の携帯電話をレンタル利用することもできますが1日の料金が千円以上かかることが多く、長期生活には向いていません。
まずはワイキキやアラモアナにある日本語の通じる携帯電話ショップで、現地の番号が使える格安電話を買うことから始めてみましょう。
先に料金を払ってから利用するプリペイド方式の携帯電話をお薦めします。
プリペイドだと使いすぎて多額の料金を請求されることもありませんし、携帯電話機本体と1ヶ月の通話無制限とデータ通信を全て含んで50ドルぐらいから選ぶ事ができます。