ホノルル市の物価平均は東京より15%ほど高く

ハワイのレンタカーを借りる方法ですが

海外のホテルが揃っています
ワイキキの通りに設置されているマガジンスタンドで無料で簡単に入手することができますので、これを読まない手はありません.「LighthouseHawaii」誌もハワイ生活を充実させるためには必要なフリーペーパー70ページほどの誌面で毎月2回発行されています。
ドンキホーテやマルカイのマガジンスタンドに設置されていますが、ワイキキでは入手しにくいかもしれません。
「ハワイ在住者のための生活情報誌」と銘打っているだけあって、かなり現地生活に踏み込んだ内容です。
ハワイで活躍するビジネスマンの紹介やハワイ文化を再発見する記事、日本国総領事館からの情報、ハワイで暮らすための知恵、ハワイで子育てするため方、有名私立学園に進学するための秘訣など、観光客には全く関係のないものばかり。
掲載されている広告も病院やペットショップ、家庭教師、保険会社など、現地生活者だけが必要な情報です。
巻末には在住日本人に便利な電話帳が載っていますので、生活に慣れた頃に発生するトラブルに備えて常備しておくのも良いと思います。
Lighthouse誌はアメリカ文化に溶け込むための情報という雰囲気が強く「ハワイで生活するためには、こんな考え方をしなければならないんだ」と気付かされることが多いです。
長期生活や永住を目指す方はぜひ読んだほうが良いと思います。前述の2誌はすでに住んでいる人に向けての情報誌なので不動産購入に関する情報が少ないのですが、ハワイに住むは他誌に比べて不動産購入の手順に関する情報が非常に多く書かれており、不動産投資を考えている人達にとっては具体的なイメージが湧きやすいかもしれません新聞まずは1912年から100年以上続く日本語新聞ハワイ報知
日系移民の時代から続く歴史のある日刊新聞です。
ホノルル市の物価平均は東京より15%ほど高く

日本人のツアーに参加したいのか最低条件を書き出してみましょう

時間にルーズなハワイにも関わらず朝の6時にはキチンと配達されるという徹底ぶり。
定期購読以外ではアラモアナの白木屋やニジヤで入手することができます。
日刊サンは速報的な情報ですが、ハワイのニュースを日本語でシッカリ読めるのは新聞社ならではでしょう。
ハワイの歴史や文化を知らないと理解しにくいニュースも多いですが、最近では「KeikiHochi子ども報知」という子供向け解説新聞も月1回発刊されていますので、大人でもハワイをより深く知るキッカケにできるのではないでしょうか。
StarAdvertiser誌はハワイ全島で読まれている英字新聞。
ワイキキではコンビニやフードパントリーのレジ近くで販売していますしSafewayやF00dlandなどにも置かれています。
英字新聞なので日本人の我々には敷居が高いのですが、日曜版は絶対お薦めです。
値段は2ドル25セントオアフ島内
Ilgtattfilatthy,イスカウントスト日曜版は平日版には無い別冊記事が、これでもかというぐらいテンコ盛りになっていて紙の厚さは5cmぐらいあるでしょうか。

 

ハワイ発祥のコンビニです

まず圧倒されるのは大量のチラシTarget.Times.Longs.SportsAuthorityなSafeway.Foodland.KBestbuy.OfficDepoHomeDepo.art.どなど、各種スーパーやディスカウントストアのセール情報からクーポンまで分厚い紙面が新聞に挟まれており、これをチェックして買い物に行けば生活費がずいぶんと節約できます。
別冊として不動産情報や求人情報、クルマの情報、注目の飲食店情報、ビジネス情報、週刊TV番組表などが添付されており、我々日本人にとってはこれだけで1週間楽しめそうな内容です。
英語ではありますが、ハワイの実生活感を体験するには、このような新聞を読み込んでみるのも良いのではないでしょうか。
ニュース私はハワイ生活中、いつも早起きして8チャンネルの「HawaiiNewsNow」というニュースを見ていますが、直近の情報やイベントなどを確認するのには最適です。
ニュースは朝5時から9時まで同じ内容を1時間おきに繰り返します。
毎日の事件や渋滞情報に気象情報週末に行われるイベントの紹介や、ハワイ経済の話など、映像が流れるのでなんとなく内容が理解できます。
特に重要なのは気象情報と犯罪情報。基本的に温暖なハワイですが、ハリケーンの季節には注意が必要ですし、海に入るにもサメの情報やクラゲ情報が大切です刺されると重傷になるクラゲもいますので,また犯罪者が逃走しているニュースや、ハワイ刑務所からの脱走情報もあります。
2015年にハリケーンの大雨が原因でワイキキの施設が浸水して汚水が海に漏れ、感染症の懸念からワイキキビーチの遊泳が全面禁止になったことがありました。
これもテレビのニュースで繰り返し警告していたのですが、日本人観光客は平気で海に入っていたそうです。
朝の忙しい時間帯ですが、ニュースをBGMにして身支度を整えるようにしたほうが良さそうですね。
イエローページ·ジャパンこの冊子も日本人には嬉しい一冊。イエローページという名称から電話帳を思い浮かべた人が多いでしょうがその名の通り、ハワイ生活に必要な電話番号が一覧されている冊子です。
しかし掲載されているのは電話番号だけではありません。ハワイの歴史やハワイ語、地図、交通案内をはじめハワイのカレンダー、医療、保険、税金、ビザ、不動産、銀行、運転免許にいたるまで、とにかくハワイ生活に必要な情報が日本語で満載されています。
ワイキキの中心部で行われているマーケットでも野菜の価格はとても安く

ハワイ旅行をするというチャッカリ組みもあるようだ
200ページほどの冊子なので詳しい事までは書かれていませんが、それぞれの項目の概要を知るには充分な内容。
ドンキホーテやマルカイなど日本食材が手に入るスーパーに置かれており、観光客にも人気なので無くなっていることが多いです。
最新号はオンラインで見ることもできますので、下記アドレスにアクセスしてみてくださたとえば1ヶ月の滞在ではクラシファイドで自転車を探して買い、日本に帰国する前にクラシファイドで売ってしまうことも可能。
ダイビングのウェットスーツやサーフボードなども良く掲載されているので、ハワイ滞在中だけ必要なモノはここで探すのが便利です。
またベビーカーや子供用品など日本から持ち込むのが大変なモノもここで調達すれば便利かもしれません。
滞在中に何回もレンタカーを借りる予定があった時に、私がクラシファイドでよく利用したのは駐車場探し。
ワイキキ内の駐車場が1ヶ月で70ドルぐらいから探せますので公共駐車料金1泊20ドル以上に比べてとてもお得です。
クラシファイドではお部屋探し不動産情報のカテゴリに駐車場が載っています。
最近ではAirbnbでお部屋探しをする人も多いと思いますが、クラシファイドでも月貸しの部屋を探すことができます。

 

ホノルル市営鉄道HARTがカカアコ地区を経由して2017年には

自転車やモペッドを買う際には盗難車と間違われないように、相手が持っている登録証も一緒にもらうようにしましょう。
自転車が気に入って手放したくないのであれば、前述したように次回の滞在まで預かってもらうサービスを利用することもできます。
その際には自分の自転車として登録しておいたほうがよいと思います。
カパフル通りのSafewayを越えたH1ハイウェイ高架下にReconInspectionStationという登録局がありますので、そこの窓口で自転車と登録証を見せれば手続き方法を教えてくれます。
運転免許ハワイで自動車を運転していると取得したくなるのがハワイの運転免許証です。
レインボーデザインの免許証は、いかにもハワイと思わせる魅力を持っていてまるで自分がロコになったような気分にさせてくれます。
また地元民としてカマアイナレートを利用することもできます.ハワイでは以前から観光客でも運転免許を取ることができたのですが、2001年の同時多発テロ以降、じょじょに身分証明書RealIDに対する制限が厳しくなり、現地に住んでいる人しか取得や更新ができない期間が続いていました。
最近になって少し規制が緩和され、観光客でも滞在期間に限り免許証が発行できるようになりました。2ヶ月の滞在であれば2ヶ月間有効な免許証が取得できるわけです。

ハワイ電力絶対にここでしか手に入らないものばかりです


意外とお得な物件が見つかりますので宿を探す際には一度のぞいてみてはいかがでしょうか。
日本にいる間にクラシファイドで必要なモノを探して予約し、現地に到着後すぐに相手との受け渡しを行えば、滞在期間中を有効に過ごすことができます。
受け渡しの場所と時間、分かり易い目印赤いシャツを着ているなどを交換してスムーズな取引きを心挂ましょう。
ただし料金の先払いなどはしないようにしてください。ハワイの友人の話では、特にクレイグリストは詐欺が多く要注意とのことでした。
もちろん有益な情報も多いのですが、あまりにもウマい話は疑って掛かったほうが良いでしょう。
アラモアナ一等地のコンドミニアムが月額1500ドルで借りられるという情報を見て知り合いの不動産エージェントに確認したところ「あのコンドは最低でも5000ドル/月だから、それは詐欺だよ」と言われたことがあります。

ホノルル美術館11ドル二人