ハワイらしい造りの家や

ハワイを貯めていくときに闇雲に貯めていってもなかなか使うこともできませんし

ハワイ州政府やルル市はIT企業の誘致に力を入れ、インフラの整備や税制の優遇措置、アントレプレナー支援などを行っています。
ハワイ大学の山側に広がるマノアバレーにはManoaInnovationCenterなどのインキュベーション新しいビジネス支援施設もあり、規模は小さいもののシリコンバレーのような雰囲気があります。
近代ハワイの歴史を語る中で日系移民の存在意義は大きく、アロハシャツを初めとする日本発祥の文化は今も根強く残っています。
そんな伝統を持つハワイに日本文化を元にしたビジネスを持ち込んで成功している人は多く、たとえばどこに行っても日本料理が食べられるのは、とても嬉しいことですね。
このように日本文化を理解してくれる人が多いのと同時にハワイには世界各国からの移民や旅行者も多いので、日本文化を国際的に発展させていく試験場としては絶好の場所だと言えます。
たとえばハワイで市場調査を行い、欧米人向けにビジネスの方向性を微調整した上で、アメリカ本土に進出するといった方法を取るのです。
日本発~ハワイ経由~世界進出。アメリカ本土やヨーロッパに直接お店を開いても、現地の支持が得られずに店をたたんでしまうという例は多いようです。
日本文化や日本で流行している商売を国際的にアレンジして世界へ発信していく拠点として、ハワイは非常に便利な場所なのです。
投資ハワイでの投資というと、すでに営業稼働している人気店を買い取って、そのオーナーとして利益を得ながら移住するなどという話を良く聞きますが、元手の少ない我々一般人にはなかなか敷居の高い話です。
それよりも安い不動産を取得し、そこから得られる利益でハワイ生活をエンジョイするほうが現実的だと思えます。
不動産投資を本業とする方々は利回りの高い発展途上国の物件を狙うそうですが、素人の我々にはとてもリスクの高い投資に見えます。
しかしハワイは枯れた不動産物件が多いことから、投資先としては非常に安定しています。
なぜ世界の富裕層がハワイに投資す今度は投資家の目線からその理由について考えてみましょう。
るのか。ハワイの特殊性世界屈指のリゾートまずは、その認知度です。

ハワイの語感には何か独特の明るい響きがある

多くの映画のロケ地ともなっているハワイは世界中に知られるビーチリゾートであり、世界各国の主要都市からの直行便で24時間、常にどこかの国からの飛行機が到着しています。
アメリカ国内からの旅行者に加え、欧米やアジア各国を含む世界中からの渡航者も後を絶ちません。
世界各地に新たな観光地が増え続けているとはいえ、ハワイへの渡航者数は年々増加しており2010年が700万人,2014年には830万人を超えました。
すでに世界的にハワイというブランディングが浸透しているため、これからも観光客が減ることはないでしょまたハワイは日本人にとってロングステイの憧れの地であり、ロングステイ財団が行ったアンケートではここ数年間、ハワイ、タイがロングステイ希望地として継続的にランクインしています。
マレーシア、豊かな自然と便利な都市構造●絶海の孤島でありながら、都市機能が非常にコンパクトに充実しています。
日本と比べると若干の古くささは感じるものの、生活に必要なインフラは整備され、近代的な設備を備えた総合病院もあります。
また太平洋を横断する海底ケーブルの中継地点であることからインターネット環境も充実しており、前述したように情報産業も増加傾向にあります。
都市機能が番充実しているオアフ島の、端から端までの移動時間はクルマで1時間以内。
この小さなエリアの中に都市機能と大自然が共存しています。ダウンタウンとビーチは10分で繋がりますから、仕事を終えた後に気軽に海や山でレジャーを楽しみ、渋滞することもなく家路につける利便性は、日本の都市とは比べるまでもありません快適な天候とアロハ精神南の島の蒸し暑いイメージとは異なりハワイは湿度が低く、日陰に入ると暑さをしのぐことができる快適な気候です。
乾季や雨季はありますが、雨が降り続くことはありません。また自然災害も少なく、警報は多いものの実際に被害が出たことは稀です。
この気候が要因なのか、ハワイは多民族都市にも関わらず人種差別や対立もあまりなく、譲り合いの精神が浸透しています。
子供を大切にし、老人をいたわり、急いでいても道を譲ってクラクションも鳴らさない。
アロハな心が島全体に拡がっています。安全性アメリカの中で凶悪犯罪が非常に少ないのがハワイ。
観光地では日没後も徒歩で散策できるほど治安が良いですもちろん注意は必要ですが,周りを海に囲まれているため犯罪者の侵入と脱出が難しく、米軍基地も島内の各所にあるため、大規模犯罪やテロを実行しにくい立地となっています。

 

ハワイまでの往復が35000マイルで済むものの

殺人はニューヨークの5分の1.強盗は3分の1.ただし現地の事情を知らない旅行客を狙った窃盗などの軽犯罪は多いので注意は必要です。
また少子高齢化による不安定な社会経済、地震などの自然災害、原発などといったリスクを持つ日本と比べれば、ハワイはとても安全だと言えます。

不動産価値が下がらない

土地が限られているため物件の需要に比べて供給が少ないので安売りが起きないというのが基本的な要因ですが、その他にも以下のような理由があります。
ハワイには不動産価値が下がらないという大きな特徴があります。長期投資の視点でも将来性の高い不動産といえます。
経済の長期安定性が継続しており、これは不動産の需要が増えている証拠です。
アメリカは先進国でありながら人口が増加している唯一の国であるため、常にコンドミニアムが増加しています。
ハワイ州の人口または観光客が増えているので、すぐに買い手が付きます。
買い換えの流動性が担保されています。景色が物件の価値に影響しているので、中古市場が整備されているので、が安定していると言えます。
気候が安定しており災害も少ないため建物の劣化が少なく、世界の富裕層が物件を持っているため値崩れが起きにくく、特にオアフ島は富裕層が憧れるエリアなので、経済の波の影響を受けにくいです。
ハワイを楽しめますよね

ハワイ滞在中に困った事を相談したり

リーマンショック後も世界で最も早く価格が回復したのがオアフ島でした。
投資が増えることで世界中からの消費も集まり、外国人でも安心して参加できる環境が整っています。
物件を売却するときも値段が下がりません。投資の出口不動産取引の透明性が高く、ハワイは旅行客数が安定しているので、旅行客に賃貸し運用することができます。
自分が使わない時は、安定的な経済活動が行われています。これからも都市機能は整備され続けます。世界からの不動産投資が絶えないので、不動産を貸し出すことで利益を上げる土壌が根付いていると言えるでしょう。
トこのような特殊性からも物件には借り主テナントが付きやすく、日本語が通じる●ホノルル総領事館のデータによるとハワイ州全人口140万人のうち日系人は18万人。
割合でいうと15%ほどが日系人ということになります。特にオアフ島は日系の不動産会社が多いので、日本にいながらにして日本語で物件情報を送ってもらうことができます。
これは日本の投資家としてのメリットでしょう。現地での物件視察では日本語で説明してもらえますし、購入後のメンテナンスも日本語なので安心です。
多くの日系不動産会社が日本国内で投資セミナーなどを行っていますので、それに参加して情報を集めるのも良いでしょう。
海外不動産投資という初めての体験で日本語が通じる安心感はとても魅力的です。
物件を自分で利用することも考えると、現地不動産会社にいろいろと相談できるのは大切なポイントですし、アメリカ流のドライな対応ではなく日本流のキメ細かい対応を行ってくれる管理会社もあります

日本人にとってのハワイの利点

日本半外アメリカ半分、1年を通して毎日5000人ほどの日本人がハワイに降り立っています。
ほとんどは観光客ですが、これだけ多くの日本人がシーズンを問わずやってくるということで日本人向けのサービスが年々充実してきています。
日本風の料理店が多く、日本の食材を手に入れることも難しくありません。
適度にアメリカ文化を楽しみ、適度に日本文化に戻ることができるためホームシックにかかることがありません。

Hawaiiではやりません

また日本文化が根付いていることは、日本人であることをメリットとして利用できるということでもあります。
ハワイの求人広告では日本語ができる、あるいは日本文化を知っている人材を求めていることも多く、条件が合えばビザを取得して滞在することも可能です。
アメリカですから基本的には英語漬けの生活になりますが、ハワイはアメリカ本土と違い日本語を話せる人が多くいるので、適度に手を抜く事もできます。
このバランスを自分で決められるのがハワイのメリットでしょう。日本語放送や新聞も充実しており、英語だらけの生活にストレスを感じてしまう前に息抜きができるのは、長期生活での大切なより所と言えるでしょう。
ロコと観光客の中間の価値観ハワイで長期生活をリピートし始めると、自分の立ち位置がとても特殊であることに気付きます。
ロコのように生活したいと思いつつも、いつかは帰国しなければならない。
生活費を考えなければいけないので観光客ほどは贅沢できない。そういった制約を通して、次第にロコと観光客の中間の目線を持つようになっていきます。
たとえば「ハワイでは1時間でも無駄にしたくない」と考えている観光客とは違い、ロコは滞在時間に縛られていないので、我々から見ると時間の使い方がおおらかです。
短期滞在の際にロコに同行すると、とてもイライラすることがあります

ハワイ滞在中のスケジュールは日本出発前に決めておく!

ワイキキの中心部で行われているマーケットでも野菜の価格はとても安くこれは旅行者である私の心に余裕が無かったことが原因ではあるのですが、そういった感覚がロコには伝わりません長期生活を始めると、このような観光客とロコの価値観のギャップが目に付いてきます。
それを利用して何かビジネスを考えるということも可能なのではないでしょうか。
いまハワイで商売をしている人達でさえも気付いていないギャップを利のです。
たとえば突然延泊しなければならなくなった旅行客に宿泊先を探してあげるサービスであったり、雨の日に宿泊先まで出張してくれるアクティビティを揃えたり。
ハワイ入りした日に宿までの送迎と時差ボケ対策を一緒にしてくれるサービス、帰国日に特化して最後には空港まで送ってくれるイベントなど、ハワイにリピートしているからこそ見えてくる「観光客の目線とロコの目線の中間」の価値観を探してみてはいかがでしょうか。

ハワイで生活しよう

この章ではハワイで長期生活するために必要な情報の集め方、ビザの知識、フライトの選び方、滞在先の探し方、そして実生活に必要なインフラ整備について紹介していきます。
小さなノウハウや知識の積み重ねで楽しい日々を送ることができる反面、観光と違っていろいろなトラブルにも巻き込まれ易くなります。
注意すべき点はシッカリと押さえて、楽しい生活を満喫したいものですね。

ビザ

ハワイで生活するにはビザが必要です。非移民ビザにはたくさんの種類がありますが私達が考える長期生活に関連するビザは、それほど多くはありません。
まずはどのビザを取得しなければいけないかを考え、注意すべき点を確認していきましょう。
90日以内の滞在日本のパスポートを持ち、事前に電子渡航認証システムESTAを使って身元を登録した渡航者には米国ビザ免除プログラムVisaWaiverProgramが適用されます。
これはアメリカと日本がお互いに「あなたの国の国民を信頼しているので、手間の掛かるビザが無くてもお互いの文化交流ができるようにしましょう」という国家間の信頼関係なのです。
このビザで観光目的の滞在が90日間まで可能になりますので、私はいつもこの免除プログラムで長期生活しています。
短期語学留学でアメリカに滞在する場合でも、授業が週に18時間以内かつ90日以内であればビザ免除プログラムで大丈夫です。


ワイキキの中心部で行われているマーケットでも野菜の価格はとても安く ハワイのコンドミニアムの建築ラッシュが続いており ワイキキの中心部で行われているマーケットでも野菜の価格はとても安く